logo
blog
2019.05.11
Saturday

「和樂」224ページ

 クロワッサン「着物の時間」

インスタグラムでもご紹介しましたが、今月は、「和樂」に紅型の宜保聡さんが、「クロワッサン」に江戸小紋の岩下江美佳さんが載っています。お二人とも、oteshioに年に1回必ず来てくださる染めの作家さんです。たまたま、同じ月に雑誌に載るなんて・・奇遇ですね!ぜひ、皆様、ご覧ください。お二人とも仕事に対する真摯な気持ちは同じで、そのお二人と10年以上も一緒に仕事をする事が出来て、なんて、幸せな嬉しいことでしょう。

宜保聡さんは、22日からはじまります「かなさ〜綾布展」に大城幸司さんと一緒に在展致します。遊びにいらして下さい。

2019.02.24
Sunday

着物 本藍色無地
帯  染名古屋帯(岩下江美佳 作)
羽織 紋紗江戸小紋(岩下江美佳 作)

昨日で「あいおもい・札幌展」無事に終わりました。皆様、本当にありがとうございました。開催中に地震などあり、本当に何が起こるかわからない毎日の中で、お着物と過ごす日々が大切に思えた展示会でした。写真は、前回、前々回で揃えてくださった着物・帯・羽織をお召しになったお客様。本当に素敵で、岩下さんもとても喜んでいましたね。実際に着ていただいてそれを拝見出来るのは、本当に嬉しいことです。ありがとうございます。今回は、新しいお客様も沢山いらしていただきました。初めてのお誂えの着物をどこで選ぶかは、とても大切なことなので、今後少しでもそのお手伝いが出来ればと思います。来年も岩下絵美佳さんがoteshioにいらして下さいます。また、来年の岩下作品に逢いにいらして下さい。

2019.02.07
Thursday

 oteshio店長 コハゼ

これからの卒業・入学シーズンに向けての相談にニャンとかするわ!

Q この春迎える、長男の入卒式の着物じたくの相談です。

私は結城紬を着たいのですが、義母から「紬は普段着だから、色無地か、せめて小紋にしたほうがいい」とひとこと。普段着っていっても、私が持ってる結城紬は祖母譲りの高価なもので、色柄に品もあるから、よそゆき感は十分。でも義母の意見も引っかかり、そんなに気に入ってないけれど無難に色無地か小紋にしようかなぁと迷います。着物を着る機会があまりないので、とっておきの紬を着て、ハレの日のテンションを上げたい気持ちも捨て切れません。自分が気に入った色無地を一枚誂えるのが一番いいでしょうが、コストがかかるしなあ、、、。

 

A あらあら、ニャンという勘違いさんかしら。そりゃあ、常々「おしゃれは自分らしさ」が大事って、あたしはいってるわよ。でもね、ことフォーマルで着るものは、セレクトの軸が違うでしょ。

まず、ベーシックな着物の決めごととして、織りの着物は総じてカジュアルで、染めの着物がフォーマル。昔は紬の訪問着とか、着物通が遊び心で誂える、よそゆき紬もあったわよ。そういう紬は、今どきのおしゃれ感覚が通用するパーティーや慶事なんかでは、なじむ場面もあるだろうし、考え方でも幾分違ってくるわ。でもあなたの義母様のような、昔ながらの感覚の人たちと同席する公の場なら、もっと空気を読みなさい。グレーゾーンの装いをして、あなたは気にならなくっても同伴者が恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

フォーマル着物のセレクトでは、「自分らしさ」「お気に入り」より先に、「誰のために」着るのかを一番に考えるべき。入卒式なら、主役は子どもでしょう。こういうとき、あたしが爪をたてたくなるのは、着物だろうが洋服のワンピースだろうが、子どもより目立ってる母親ね!!

フォーマルの染め着物や帯を新調するとコストがかかるから、親戚に借りたり古着を利用してもいいんじゃない。大人のおしゃれは割り切りが必要よ。

 

 

2018.12.17
Monday

oteshio店長 コハゼ

あっという間に3回目の相談室!なんか、モチャモチャした悩みに、私がにゃんとかするわ!
Q  着物初心者です。自分で何とか着れるようになってきたから、普段のおしゃれ着に着物でお出かけしたいんですが、いざとなると人の目がコワイです。巷では「着物警察」と呼ばれる、着物チェックして、着物選びがおかしいとか、着方がヘンだと指摘する人がいるらしいのです。そんな人にあれこれいわれたらヘコんでしまうなって、怖気づいてしまいます。

A  確かに、着物って洋服だらけの中で着ると目立つわよ。私にしたら、視線を感じて振り向けばうっとりして「なんて素敵な毛並みなの」って褒められることなんていつものこと。でも、そういう優しい目線や声には情があるでしょう。
たまに、知らない人が、電車で後ろのお太鼓が直してくれたり、帯締めの解けているのを教えてくれるって話を聞くけど、それだって「指摘」じゃなくって「親切」でしょう。
あなたのおしゃれのセンスの良し悪しはわからないけれど、日本人の文化継承を思うと、着物を着る人がいなくなっている今は「着物を着てくれてありがとう」って思ってる人は案外多いはず。知らない人と着物話で親しくなれるって、むしろ着物の幸せでしょう。

あなたが恐れている、その「着物警察」の発言には高みから指摘するような悪意があるってことよね? そういう人に限って「私は着ないけど、母が着物をよく着てたから詳しいの」とかいうのよ。自分は着ないのに、人の着るもんを評価するなんて、それって相当みっともない行為でしょう。そんなおかしな人にいわれるかもしれないってビクビクしてるの? そこまで卑屈に妄想してたら生きづらいわよ。

それに、これは肝心なことだからいっとくけど、あなたのいう「着物初心者」ってなによ。「洋服初心者」なんていうの?着物だって、着るモノでしょ。茶道や華道なんかと違うの。習い事じゃないんだから、初心者も上級者もないでしょう。ましてや普段着なら、おしゃれは自由でイイ。
人生は失敗でしか成長しないんだから、どんどん着て、失敗して、着物を自分のものにするのが賢いオンナのおしゃれ。

2018.12.08
Saturday


oteshio店長 コハゼ

前回に引き続き、モチャモチャした悩みに、わたしがにゃーんとお答えしてあげる!

Q 私は20代後半のOLです。普段からシックな洋服が好みで、とくにグレーや茶ベースの無地が好き。花柄なんてもってのほか。なのに母の行きつけの呉服屋さんに行くと、「そんなお地味な色は、年をとってからいくらでも着れるんだから。若いときはきれいな色の着物を着たほうがいい」と呉服屋のおじさんに言われ、淡いピンクやブルーの色無地をゴリ推しされてしまって。どうして、私が着たい地味色はダメなんでしょう?ってモヤっとしました。でも、母がお世話になっている呉服屋さんだから、あまりはっきりと断れないムードもあって、最初くらいはオススメの着物にした方がいいのかなと悩んでます。

A あら、趣味が合うわね、私も白黒猫としてモノトーンのシックカラーが大好き。もし私をピンクに毛染めしようとする飼い主だったら、その日のうちにおさらばしちゃうわよ。
「若い世代=きれいな色、花柄」て、それってかなり古びたセンス。グレーや茶の着物は、お地味だって?上等じゃない。だって、おしゃれの基本として、着る人それぞれに似合う色柄を選ぶのが、当たり前のことでしょ。
もちろん、着物独特の色合わせや柄合わせで、レトロ着物コーディネートを好む人もいるけれど、今は着物でも洋服ぽい都会的なシンプルな配色を好む人も増えてきてるわよ。
地味だからって、若いときはダメってことはないわよ。
20代で買った地味な着物に地味な帯で全身シックに決めても、肌にツヤがあるから、きっと似合うわよ。その地味な着物は50代では派手めの帯を合わせたりすると、また違う魅力になるわけ。

お母さんとおつきあいのある呉服屋さんだから、お母さんとは相性がいいだろうし、どちらもあなたにとって、よかれって思いはあるんでしょう。それでもね、お母さんや呉服屋さんが、あなたの好きな着物に聞く耳を持たないってことは、あなたの個性を尊重されてないってことでしょう。それってどうなのぉー。

それから私がモヤっするのは、あなたが着物を買ってもらうのか、自分のお金で買うのかってとこね。自分のお金で買うんだったら、自分が納得する一枚を手に入れて当然でしょ。
でも、お母さんに買ってもらうんなら、親孝行のつもりで一枚はお母さん好みの着物を選ぶのか。いいえ、好きじゃない着物ならいらないと貫けるのか。
それは、あなたの生き方にも通じるから、私が決めることじゃないわ。あなたが決めて。

1つだけ言っとくのは、着物も洋服でも、あれダメこれダメって、人の着るものに「ダメ」をゴリ推しするような人からはサッサと逃げることね。

2018.12.05
Wednesday

「大人の礼服とマナー」-文響社-  12月7日に発売になります。
フォーマルな場でのきちんとした装いとマナーは、わかっているようで意外と曖昧なものです。なので基本を知りつつ、今の私達の生活に合った目線で綴った本になります。oteshioとしては、4章の「着物フォーマル」と3章の「着回しフォーマル」をお手伝いさせてもらいました。着物も大好きですが、同じくらい洋服も大好きなので、oteshioのお客様にも色々と助けてもらいながら楽しく参加させて頂きました。本当にありがとうございます。本屋さんで見かけましたら、ぜひ、手に取ってご覧頂ければ嬉しいです。