logo
blog
2019.02.10
Sunday

今年から、なるべく土曜日は、着物通勤しようと思っています。ここのところ最高気温がマイナス10度近い日が続いていますが、着物は、意外と暖かいです。中に沢山着ても着膨れしないのが良いですね。こちらの龍の帯は、若い時は黒っぽい着物に合わせていましたが、流石に最近は、貫禄が出過ぎてしまって・・・でも、締めたい!!着物を柔らかい色にしたら、帯の激しさを抑えることが出来て、逆に今の私にぴったり!!なぁんて、思いながら着てみました。年を取る楽しみが着物にはありますね!そして、キツネの襟巻きです。あまり毛皮は好きではないのですが、ひょんなことから、私の手元に来てくれたキツネさんなので、大切にしています。とにかく、ありがたいくらい暖かいです。よく、コハゼと間違えて「いつまで、そんなところに寝ているの?」と、話しかけています。そして、話しかけている自分に、いつもビックリ!!しています(笑)

2019.01.17
Thursday

仔犬が並んでいるように見えますが、子羊の防寒草履のサイズが揃いました。12月の展示会でご紹介したところ、すごい人気でサイズが揃わなかったのですが、やっと、入荷しました。毎日寒い日が続くと見ているだけでモフモフするものは、良いですね!動きませんが、足元を優しく包んでくれます。餌は必要ありませんが、たまに撫ぜて下さい。それだけで、ずーっとそばにいてくれます(笑)

2019.01.02
Wednesday

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、北海道で地震があったり、全国的に災害の多い年でした。
年末には、銀座三越にて「oteshioコレクション」を無事に終わる事が出来まして、ホッとしているのと同時に銀座三越まで来て頂きましたお客様に心から感謝します。
oteshioも今年で16年目を迎えます。今でも、初めて着物を来てお出かけした時の嬉しさとドキドキ感は忘れる事が出来ません。私事ですが、昨年は、地震や身内の病気など、思いも掛けない事を経験して、今まで以上に日常の大切さを知り、そしてその中のひとつとして、私には着物を着るという幸せがある事にあらためて気付かせてもらいました。その「着物の幸せ」を一人でも多くの人に味わってもらいたくこれからも、仕事をしていきたいと思います。本年もよろしくお願い致します。

新年は、1月9日(水)13:00より、営業致します。

2018.10.02
Tuesday

10月になりました。10月11日〜13日「あいおもい・札幌展」24日〜28日「nunoteshio 展」と2つイベントがあります。今月も、よろしくお願い致します。

今日(2日)のインスタの写真になります。無地の大島紬と岩下江美佳さんが染めた名古屋帯です。帯揚げは、あくまでも着物の色と同じにして、帯締めは灰桜色。まだ、すっかりとは、秋の装いにしませんでした(笑)この無地の大島紬も20年以上着ています。本当に着て着て着倒していますので、八掛の擦り切れや、袖の擦り切れも直しながら着ています。今回の「あいおもい・札幌展」でも、無地の大島紬をご紹介しようと思いますが、本当に無地の手織りの大島紬を織る方が少なくなって、だんだんと貴重なものとなって来ました。柄がないので、無地の織物は簡単!と思われがちですが、柄(印)がない分だけ間の取り方が難しく、着やすく柔らかいものを織るのは、至難の技です。ですが、その分、高く売れるか?と、言うとそうとも言えず・・・かねりマニアックなoteshioのお客向きの(笑)の織物になります。実際にぜひ、お手にとってご覧ください。11日からの3日間ですが、皆様のお越しをお待ちしています。

2018.06.11
Monday

今週発売のクロワッサンの「着物の時間」に載せて頂きました(p100-101)。とってもお恥ずかしいですが、多分これから、この様な媒体に私が載ることは無いと思いましたので、全てプロの方にお任せして、このような仕上がりになりました。本当に皆様、ありがとうございます。15年間、変わらずにこの仕事を続けられた事に感謝しながら、これからも、oteshioのお客様を大切に、頑張っていきたいと思います。

それはそれとして、今週発売のクロワッサン「スマホ時代の伝わる文章術」これからの時代にとても役に立つ内容となっています。小川糸さんや山崎瑞弥さんも載っていて、ちょっと、嬉しくなりました。保存版ですので、ぜひ、お手元において置くと便利かと思います。(笑)

2018.06.08
Friday

6月は「oteshio浴衣コレクション」です。やっと、今年の商品が揃いました。竺仙の浴衣をはじめ、oteshioオリジナルの半幅帯や紅型の半幅帯に、男物の浴衣、帯などoteshioセレクションの数々を、お楽しみ下さい。、皆様のお越しをお待ちしています。